薬をチェックする男性薬剤師

薬剤師の方も気楽に転職サイトを利用しましょう

薬剤師が転職するのに転職サイトを利用する場合、一般のサラリーマンが利用する場合とは少し違うかもしれません。一般のサラリーマンの場合はキャリア、ポスト、業績といった事が重要になってきますし、転職の際にPRポイントとして挙がってくるかもしれません。もちろん給与に影響を与えることでしょう。PRの仕方が非常に重要になってきますので転職サイト利用も慎重に進めなければ危険です。しかし、薬剤師の場合は、すこし勝手が違います。薬剤師の仕事に特化した転職サイトでももちろん履歴書は必要です。では、学術論文が多いことや学会発表の多さは業績と呼べるのでしょうか?実際に募集する側としては重要視しないところも多いようです。それらのことよりも、薬剤師としての実務経験と勤続年数がしっかりしていることの方がポイントが高い傾向にあります。そのため、上記の2点が満たせていれば、PRポイントはあまり気にしなくても良いのかもしれません。ですので、薬剤師が転職サイトを利用する場合、面倒な手続きをしてくれる、非公開求人を探してくれる、年収交渉をしてくれる、面接対策を考えてくれる、といった転職サイトのメリットを十分に利用することができるのではないでしょうか?そう考えれば転職サイト利用しない手は無いといえるでしょう。

薬剤師が転職サイトを利用するメリットとは

薬剤師の仕事に特化した転職サイトを選ぶ上で重要なことがいくつかあります。当然のことながら転職サイトは、求人の質と量が重要です。しかし、多くの転職サイトは都市部、ほぼ東京か大阪近郊の案件が大部分を占め、その数を競って求人の多さをアピールしています。あなたが、それらの都市部で薬剤師としての職場探しを考えているのであればそれでいいでしょう。しかし、地方に住み薬剤師としての職場も近くが良いと考えている場合は、利用する転職サイトが、あなたの住んでいる地域の情報をどれだけ得ることができるのかを確認しなければいけません。その転職サイトの営業所は近くにあるのか?または、営業所が無ければ、エージェントがどのくらいの頻度でその地域を訪問しているのか、担当者がコロコロ変わっていないか、その地域に何年位携わっているのかということをしっかり確認しながら転職サイトを選ばねばいけません。ですから転職サイトへの登録は複数のサイトですべきですし、実際に担当になったエージェントに聞いてみるべきです。この転職サイト選びを上手くやらないとヒアリングからの案件提示に時間がかかる、無駄な連絡交換が増えるといったことになりかねません。まずは、自分の働く地域に精通したエージェントのいる転職サイト探しをしましょう。

薬剤師が転職するなら転職サイトの利用が一番

今や色んな職種で転職サイトの利用が当たり前の時代になってきました。なぜなら、一つの職場にしがみついて仕事をする時代ではないからです。医療関係だけに限っても、医師や看護師の転職サイトは非常に人気があると言われています。実際にテレビのCMでもよく目にします。それらに比べると一般的な認識としては出遅れた感があるのが薬剤師の仕事に特化した転職サイトではないでしょうか?ところが実際には薬剤師の仕事に特化した転職サイトは、インターネットで検索すれば数多く出てきます。知名度が高くは無いのが現状です。しかしこれら薬剤師の転職サイトでは、働く地域、職場、例えば薬局・医療機関・企業などや、勤務時間や給与に至るまで自分の希望に沿った職場を探すことができます。薬剤師過剰と言われるなか、実際には引く手あまたなのが現状なのです。実際に転職サイトに登録してみて下さい。そうすればその求人の多さに驚くはずです。それら数多くの求人の中から、自分の方から職場を選ぶことができるのです。自分で何通もの履歴書を作成し、送る必要は無いのです。登録し、エージェントからの連絡を待つ。あとは自分の希望をはっきりとエージェントに伝えて、探してもらうのです。それだけで希望に合った転職先が探せることでしょう。

ピックアップ

更新記事

2020年03月11日
薬剤師の転職なら転職サイトが一番の近道を更新しました。
2020年03月11日
薬剤師の求人を探すなら専門職に特化した転職サイトを利用しようを更新しました。
2020年03月11日
薬剤師のための転職サイトを利用を更新しました。
2020年03月11日
薬剤師が条件の良い求人を探せる転職サイトを更新しました。